立ち読みコーナー
目次
176ページ
はじめに

第1章 ストレスがめまい・耳鳴りの原因だった

20~50代でめまい・耳鳴りの患者が急増している原因とは?      016
  この10年で患者の年齢層が変わってきた
  ストレスは自律神経を乱し、耳にも影響する
耳鳴りは難聴の有無で2タイプに分けられます              021
  「難聴のあるタイプ」と「難聴のないタイプ」
  ストレスから無難聴性耳鳴になった31歳の女性Mさん   
  難聴性耳鳴もストレスと無関係ではありません
仕事以外にもストレスの原因はさまざまです               025
  とくに女性はストレスに直面することが多い
  「メニエール病」になった40代後半の女性Kさん
  「突発性難聴」になった50代前半の男性Sさん
  やっと「PPPD」とわかった30代後半の女性Tさん
自分の体験からストレスに注目するようになる              032
  突然、両腕が神経麻痺になって動かなくなった
  自律神経が乱れると血流が悪くなる
  今の自分のストレス度をチェックしてみましょう
  耳の不調の改善にはストレスマネジメントが重要です

 こらむ 宇宙でも乗り物酔いのような「宇宙酔い」になる        040

第2章 急増する耳鳴り・難聴の最新事情

「生理的耳鳴り」と「病的な耳鳴り」がある               044
  耳鳴りにもさまざまな原因がある
  「ストレス」「耳鳴り」「肩こり」には関連がある
急に発症する「突発性難聴」。一刻も早い受診が必要           048
  過度のストレスがたまっているときに突然発症
20~40代の女性に増えている「無難聴性耳鳴」            050
  難聴のない耳鳴りは薬に頼らずに治すのがおすすめ
長生きすれば、いずれは起こる「加齢性難聴」              052
  難聴は20代からひそかに進行している
  加齢性難聴の進行は生活習慣病と関係がある
  認知症予防のため難聴を放置しない
低い音だけ聞きづらくなる「低音部型難聴」               056
  突発性難聴とは異なる「低音部型難聴」
  低音部型難聴の治療と再発防止法とは?
小学生~高校生に増えている「心因性難聴」               059
  いじめや虐待が難聴の原因に
騒音の多い環境で長く働く人に発症する「騒音性難聴」          061
  昔は建設・工事関係者だったが、いまはミュージシャンに多い
コンサートのあとの耳鳴りは「音響外傷」かも              063
  強い音エネルギーによって内耳の有毛細胞が吹き飛ばされる
先天性の難聴の50%は「遺伝子難聴」                 065
  採血だけで難聴の遺伝子解析ができる
生活音が不快に聞こえる「聴覚過敏」と「補充現象」           067
  難聴ではないのに音が割れて聞こえるのは「聴覚過敏」
  難聴になったとき音量が上がると不快に聞こえる「補充現象」
早期発見が可能になった「聴神経腫瘍」                 070
  MRIで1ミリ前後の腫瘍も見つけられる
「パチパチ」の耳鳴りとめまいは「神経圧迫症候群」の疑い        072
  1日に何度も耳鳴りとめまいが起きる
多くの人が体験している「航空性中耳炎」の対策法            074
  気圧の変化で激しい耳痛と耳閉感
  すぐにできる簡単な対策法
内耳の窓が破裂して起こる「外リンパ瘻」                077
  内耳の圧力の変化でリンパがもれる
糖尿病は“内耳”の万病のもと                      079
  意外に知らない耳にも及ぼす糖尿病の合併症
  糖尿病の人はめまいも起きやすい

第3章 めまいのさまざまな症状と対処法

いちばん患者さんが多い「良性発作性頭位めまい」            082
  朝起きて立ち上がろうとしたときに突然発症
  はがれ落ちた耳石が転がって神経を刺激
  女性は閉経前後に多い
治療としては「寝返り体操」が有効的                  085
  耳石を1カ所に集中させない
  治療で、はがれ落ちた耳石を戻します
  自分で簡単におこなえます
  再発をくり返す人は寝具をチェック
  カルシウムをじゅうぶんにとり日光浴と運動を心がけよう
働き盛りの女性に増えている「メニエール病」              090
  めまいの代表的病気だが、実際に確定診断されるのは1割程度
  発症の謎を解き明かす!?「シモヤケ理論」
  メニエール病の治療は〝2年以内〟が重要
  治療の伝家の宝刀は「ピレチア細粒」
原因不明の慢性めまいは「PPPD」かも?               097
  国際学会で定義された新しいめまい
風邪のあとに起こる? 「前庭神経炎」                 102
  内耳と脳をつなぐ神経の炎症が原因
  多くは入院して治療することが必要
指定難病になっている「遅発性内リンパ水腫」              105
  難聴になって数年から数十年後に突然発病
パニック障害からめまいが起きることも                 107
  9割がめまいを感じるパニック障害
子どもに多い立ちくらみは「起立性調節障害」              110
  自律神経のバランスの崩れが原因
複数の薬を服用する「ポリファーマシー」と筋力が衰える「フレイル」   112
  薬の予期しない副作用で転倒
  ちょっとしたことで転びやすくなる「フレイル」
カフェインの過剰摂取もめまいと耳鳴りの原因に             115
  コーヒーは1日に3~5杯を上限に
新分類として登場した「前庭性片頭痛」                 117
  つらい片頭痛とめまい発作が連動
立体映像が引き起こす「3D酔い」「VR酔い」             120
  大ヒット3D映画で吐き気や頭痛を訴える人が続出

 こらむ 乗り物酔いと似たようなメカニズムで起こる「地震酔い」とは? 123

第4章 自律神経の乱れとストレスの解消法

自分のストレスをはね返す力をチェック!                126
   自分のストレスに気づいていないこともあります
   緊張状態から戻らなくなる「アロスタシス」に注意
   自律神経を整え、ストレスをマネジメントしましょう
疲れにくくストレスを癒す腹式呼吸                   132
   現代人の呼吸は肩でおこなう「浅い呼吸」
   リラックスしているときは自然に腹式呼吸
呼吸を意識して自律神経を整える東洋系の運動              136
   ヨガや太極拳、気功体操などがおすすめ
1日20~40分でOK。「石井式ウォーキング法」           138
   歩数計でなく時間を目安に
食生活の改善も自律神経を整えるのに効果的               141
   鶏の胸肉と回遊魚が脳の疲労を回復
マグネシウムとカルシウムを積極的にとる                143
   突発性難聴とエイジングの予防にはマグネシウム
睡眠障害がめまいや耳鳴りを悪化させる                 146
   睡眠は重要。自分の寝ている環境をチェック
寝つきをよくする「刺激制御法」・ヨガ・食材              148
   よく眠れるように意識をコントロール
   寝る前におこなうと効果的なヨガのポーズ
時間と温度が大切。リラックス効果が上がる入浴法            152
   温泉へ行くなら日帰りでなく宿泊で
体をリラックスさせる「漸進的筋弛緩法」                154
   筋肉を緊張させたり、呼吸に合わせゆるめたりをくり返す
医学的に実証できたヨガの効果                     156
   ストレスをリセットするのに効果的なヨガ
   ヨガの呼吸法で脳と自律神経の疲れを解消
   深いリラックス効果を得られるヨガの瞑想
アメリカで大ブームとなったマインドフルネス              160
   ヨガとは違う効果のあるマインドフルネス瞑想
   心のなかの雑念に気づきその気づきに集中
   脳を集中させることで興奮状態を抑える
「笑い」が健康にいいことも実証されています              164
   脳への刺激で認知症予防にも効果
ストレスコーピングでストレスをマネジメント              166
   そもそもストレスコーピングって何?
   「行動的ストレスコーピング」と「イメージ的ストレスコーピング」
   ストレスをため込みやすい「タイプA」
ホットヨガはめまい、耳鳴り、難聴には危険!?              172
   ホットヨガ=ヨガではありません