立ち読みコーナー
目次
256ページ
第1章 淫ら探偵オナンの秘密    7
第2章 初めての男性観察      48
第3章 美熟女の欲望        89
第4章 別の美少女         130
第5章 女子大生三人        171
第6章 電車の中で……       212
「ああ……」
 受け身に転じた吾郎は喘ぎ、美人妻の唾液にまみれたペニスをヒクヒクと震わせて快感をかみしめた。
「ンン……」
 江美子も、先端が喉の奥に触れるほど深々と含んで熱く鼻を鳴らし、吸い付きながら執拗にクチュクチュと舌をからめてきた。
 彼がズンズンと股間を突き上げると、江美子も合わせて顔を上下させ、濡れた口でスポスポと強烈な摩擦を繰り返してくれた。
「い、いきそう……」
 吾郎が絶頂を迫らせて言うと、江美子は動きを止め、スポンと口を引き離してきた。やはり一つになって快感を分かち合いたいようだった。
「いいわ、入れて……」
 彼女が横たわって仰向けになった。
 ヌメリに合わせてゆっくり膣口に潜り込ませていくと、
「アアッ……!」