立ち読みコーナー
目次
256ページ
第1章 美しき伯母の家に居候   7
第2章 巨乳妻はミルクの匂い   48
第3章 好奇心に濡れる美少女   89
第4章 蜜多きジューシー若妻   130
第5章 二人の匂いに包まれて   171
第6章 連日の快楽三昧に昇天   212
「さあ、あなたも脱いでね。ここへは誰も来ないから」
 圭子に言われ、洋司も緊張と興奮に身を硬くしながら脱ぎはじめていった。
 彼女も汗ばんだレオタードを全て脱ぎ去り、汗ばんでグラマーな肢体を露わに
してしまった。
「ね、オーナーには絶対に言わないでね」
 圭子はソファに並んで座り、肌をくっつけてきた。
「汗臭いけれど構わない?」
さらに彼女が、洋司の肩に腕を回して密着しながら囁いた。
「ええ、すごくいい匂い」
「嬉しい。可愛いわ。でも汗だけじゃないの、ほら」
圭子が言い、メロンも程もある巨乳を突き出して乳首をつまんだ。
 すると濃く色づいた乳首に、見る見るポツンと白濁の雫が浮かび上がってきた
のである。
(ぼ、母乳……)