立ち読みコーナー
目次
256ページ
第1章 女だけの屋敷     7
第2章 バッカルコーン    48
第3章 美人妻の処女地    89
第4章 淫らな五角形     130
第5章 四人を相手に     171
第6章 果てなき快楽     212
「あうう……、変な感じ……」
 秋枝が懸命に緩急を付けて律動を滑らかにさせ、膣とは微妙に異なる収縮を繰り返した。
 平夫も急激に高まり、いつしか違う穴という気遣いも忘れて激しく動き、股間に当たる心地よい尻の感触に昇り詰めてしまった。
「い、いく……!」
 彼は大きな絶頂の快感に全身を貫かれて口走り、ありったけの熱いザーメンをドクドクと内部にほとばしらせた。
 すると中に満ちるザーメンのヌメリで、さらに律動がヌラヌラと滑らかになった。
「アア……、熱いわ、感じる……、もっと出して……、ああーッ……!」
 愛液が噴出するように大量に溢れ、膣内と連動するように直腸内がキュッキュッと息づき、平夫は心ゆくまで快感を噛み締めながら最後の一滴まで出し尽くしてしまった。
「ああ……お尻も気持ちよかった……」