立ち読みコーナー
目次
240ページ
「アアッ……」
 クリトリスを舐めると、ようやく叔母さんの声が洩れてきました。
 見上げると、顔をのけぞらせた叔母さんの白くて丸い顎が見えました。その手前では、大きなオッパイがゆさゆさ揺れるほど弾んでいました。
「いいわ、入れて……」
 叔母さんが喘ぎながら言います。
 ようやくズボンを脱ぎ、下着も降ろしました。もちろん、ペニスも、そのときは最大になっていました。
 のしかかるようにして股間を突き出していくけど、なかなか見当がつきません。するとそのうちに、叔母さんが指を添えて誘導してくれました。
 とにかく僕は、暴発してはもったいないと、我慢していました。
 先っぽの狙いが定まると、
「そう、そこよ、そのまま来て……」
 と叔母さんが言います。
 僕は前進して、ヌルヌルッと押し込んでいきました。