立ち読みコーナー
目次
256ページ
「ダメよ、お願い……!」
 娘の彼氏、秀幸クンの指はワレメの中へ中へと侵入し、ジリジリと下りてくるのです。やがて、アナルがツツツ、と彼の爪先でつつかれました。
「もうよしなさいッ」
 私は腕をねじられたまま、キッと彼を振り向き、にらみました。少年のいたずらにしてもほどがあります。
「なんだよ、お母さんだってヤリたいんだろう?」
 キュッと閉じられた私の陰部を、指でこじ開けてきます。パンティの上からでも、クリトリスとヴァギナ、そしてアナルをゆっくりゆっくり撫で上げられて、私はだんだん息が荒くなってきてしまいました。
「なあ……。俺を発情させたのは、お母さんなんだよ」
 ジラすようにのんびりと、秀幸クンの指が、私のアソコの上を這います。
「ホラ、濡れてるよ。お母さんも興奮してるんだろ?」