立ち読みコーナー
目次
256ページ
私は濃厚なキスをしながら、ズボンの上をまさぐりました。最初、ふやふやしていましたが、私の指であっという間に硬くなります。ズボンを下ろし、パンツの中に指を入れると、その熱い感触に私はドキドキしてきました。
「硬くなってる……淳也君、これでも私のことは、おばさんなの?」
 私のきつい口調で、彼は首を激しく横に振ります。指を絡ませているだけで、ペニスはガチガチに硬くなっていき、ピクピクと痙攣を起こしはじめました。
「エッチ、したことないんでしょ?」
「あの……や、やめて、あ、あああっ」
「どうして、こんなになってるのに……」
 皮を上下に剥きながら、私は訊きます。パンツの生地に亀頭が擦れるようにして揺らしてあげると、淳也君は下半身を激しくバウンドさせて高い声を上げます。
「どうしたの……。じゃ、やめようかな」
「い、いいえ、そうじゃ、あ……き、きもちいいっ、ああ、きもちいいですっ」
 下半身はすっかり私の思うままです。