• トップページ
  • 天皇は暗殺されたのか 150年後に明かされる明治維新の真相と南朝の闇
今月のピックアップ

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

コメント

2刷になりました。

内容紹介

維新成立の謎を追う!


――南朝の末裔を主張する自称天皇の出現、疑惑の群像写真、孝明天皇の謎の死、苦悩する西郷隆盛……日本史を根底から覆す、衝撃の秘密とは?


明治維新は南朝革命だった!? 
維新最奥に封印された闇に迫る!


宮廷の御医の手記には何が書かれていたのか? 
なぜ明治維新は南朝を正統としたのか? 
明治天皇すり替え説の根幹となる大室家とは? 
ある地域で祀られ続ける伝説の南朝の落胤とは?

孝明天皇の謎の死が南北朝の対立を呼び覚ます――
維新成約に秘められた真意とは?
日本史を覆す衝撃の秘密を追う異色ノンフィクション。


【著者紹介】
大野 芳(おおのかおる)
1941年、愛知県稲沢市生まれ。明治大学法学部卒業、出版社の雑誌記者を経て、ノンフィクション作家になる。『北針』(潮出版社)で第1回潮賞ノンフィクション部門特別賞受賞。 近年の主な作品に『宮中某重大事件』『近衛秀麿――日本のオーケストラをつくった男』(以上、講談社)、『戦艦大和転針ス』『山本五十六自決セリ』『伊藤博文暗殺事件――闇に葬られた真犯人』『8月17日、ソ連軍上陸す――最果ての要衝・占守島攻防記』(以上、新潮社)、『革命』(祥伝社)、『吉田兼好とは誰だったのか――徒然草の謎』(幻冬舎新書)、『無念なり――近衛文麿の闘い』(平凡社)、『ロダンを魅了した幻の大女優 マダム・ハナコ』(求龍堂)などがある。