書籍情報
一般書

増補改訂版 霊能一代

砂澤たまゑ 
ISBNコード 9784576240046
判型 四六判
定価 本体1800円+税
初版年月日 2024年02月13日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • e-hon
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub

内容紹介

伏見稲荷大社が認めた最後のオダイ(行者)・砂澤たまゑ。彼女の生涯、そして神様との接し方などを語った伝説の一冊がついに待望の復刊!

オリジナルでは触れられることのなかった、砂澤たまゑの最晩年の様子などの新情報も追加された「増補改訂版」。



【目次】
増補改訂版まえがき 復刊に至るまでの奇妙な出来事

はじめに

第一部 神様に導かれて歩んだ

一 不思議な声が聞こえてきた
二 信仰心の芽生え
三 霊能者だった祖母
四 大阪で働き始める
五 満州からの奇跡的な生還
六 本格的な行の生活に入る
七 お堂建立
八 稲荷講社に入る
九 百日断食に挑む
十 子育ても修行
十一 三丹支部の設立
十二 歌詠む日々
十三 内記稲荷神社に移る
十四 お塚を建立する
十五 内記稲荷神社を離れる

第二部 信者さんたちとともに歩んだ道
十六 神様は目に見えない
十七 お稲荷様は生き神様
十八 お稲荷様は名医
十九 お稲荷様は「ほどこし」の神様
二十 人を導き、人を結ぶ
二十一 自然が神様
二十二 神様と本当の信仰心

おわりに
増補改訂版『霊能一代』の註
【追記】最晩年の砂澤
増補改訂版のあとがきに代えて 砂澤は「生きていた」


【著者紹介】
砂澤たまゑ(すなざわ たまえ)
稲荷信仰の行者(オダイ)。稲荷神など神の声が聞こえる稀代の霊能者だった。若いころから厳しい行をおこない、京都府福知山市の内記稲荷神社を世話しながら神様を祀っていた。独力で京都・伏見稲荷大社の支部である三丹支部を立ち上げ、多くの信者を集めた。2021年9月、第13代・伏見稲荷大社名誉宮司の故・坪原喜三郎氏とともに同社内の霊魂社に合祀される。