書籍情報
一般書

致死量の友だち

田辺青蛙 
ISBNコード 9784576220345
判型 四六判上製
定価 本体1800円+税
初版年月日 2022年02月21日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • e-hon
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介

一緒にあいつらに復讐しましょう。
凄惨な虐め、離散同様の家族――「死」を覚悟したとき、傍らでささやく美しいクラスメイト。
彼女は毒を隠し持つ麗しい女王蜂だった。



「別に、生きていて欲しい人なんていない……」

学校で苛烈な虐めをうける宇打ひじり。死をも考え始めてしまうような状態の中、美しいクラスメイトの夕実から一緒に復讐しようと誘われる。夕実も校内で悍ましい仕打ちをうけていたのだ。夕実に誘われるまま、毒を使って仕返しを考えるようになったひじりは、彼女から毒の知識を得ていくが、美しい彼女へ憧れや恋に似た依存を強めていく。そんな中、ひじりが絶望に打ちひしがれる事態が起こり、思わぬ事件に発展してしまう。その悲劇の裏にひそむ悪意にひじりは動揺しながらも、クライメイトとともに事件を探るようになるが、ついには学園中を巻き込んだ大きな惨劇が発生してしまう。
――その裏には驚きの事実が待ち受けていた。


「そう、なら皆殺しでいいのね」


【著者紹介】
田辺靑蛙(たなべ・せいあ)
1982年生まれ。大阪市在住。ニュージーランドのオークランド工科大学卒業。
2006年ビーケーワン怪談大賞で「薫糖」が佳作となり、『てのひら怪談』に5作品が収録される。
2008年日本ホラー小説大賞短編賞を「生き屏風」で受賞。同作で角川ホラー文庫でデビュー。