書籍情報

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • e-hon
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介


真夜中の校舎ではじまる殺人の狂宴
学園祭前夜、一人の教諭が異常な姿で惨殺された。
職員室に閉じ籠る残る教員たちを襲うモノの正体とは――


学校祭前日。深夜にもかかろうという時間まで緋摺木高校の教員たちは残業していた。休憩時、いなくなった教諭が異常な状態で惨殺されていた。その死体は、学校裏の神社で殺され続けていた小動物の死体を連想させるようだった。殺人者がまだ校内にいるのではないかと恐慌につつまれ、職員室に立て籠もる教師たち。――そんな中、職員室の空調が冷気を出しはじめる。

【著者紹介】
針谷卓史(はりや・たくし)
慶應義塾大学文学部国文学科卒業。現役の高校教諭。2006年に「針谷の小説」で第13回三田文学新人賞を受賞、同作でデビュー。純文学作品を発表する傍ら、エンタメ作品も発表。児童向けの掌編ホラー作品にも参加、高評を博す。