書籍情報

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • e-hon
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介


死体の口から
こぼれ落ちる呪詛の言葉――。


祖母の葬儀の帰り、美彌子がふと見かけた小山の上に立つ歪な人影。
その時、左腕を襲った激痛は惨劇のはじまりだった。


母との確執のために、疎遠だった祖母が亡くなり、葬式に列席するために奈良郊外までやってきた大学生・橘美彌子。祖母を弔ったあとに見かけたのは歪な人影だった。その後、身のまわりの人々が首に赤い痣を浮かべ、次々に凄惨な死を遂げていく。彼らは死した後、美彌子に「ワギモハイズコ」という言葉を遺す。先輩の高野の手を借りその言葉の意味を追うが――


【著者紹介】
竹林七草(たけばやし ななくさ)
1976年生。埼玉県在住。
うっかり社畜の姥皮をかぶったばかりに、すっかり脱げなくなってしまった兼業作家。最近はもう少し執筆の時間を捻出する方法はないか、真剣に悩んでいる。
第六回小学館ライトノベル大賞 優秀賞受賞。
主な著書に『お迎えに上がりました。国土交通省国土政策局幽冥推進課』シリーズ(集英社文庫)、『ホラー作家八街七瀬の、伝奇小説事件簿』(集英社文庫)などがある。