書籍情報
一般書

オルレアンの魔女

稲羽白菟 佳嶋 画 
ISBNコード 9784576211398
判型 四六上製
定価 本体1800円+税
初版年月日 2021年08月26日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • e-hon
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介

「オルレアンの魔女」が甦り、監獄の島で惨劇の幕が上がる!

地下道、鉄仮面の女、孤島、魔女伝説……映画祭の町にセレブが集うとき、
連続殺人の幕が上がる。数学的論理で謎を解く刑事とソプラノ歌手が辿り着く、現代史の闇。
          ――中川右介(評論家)推薦!



映画の都、監獄島、そして魔女の街へと駆け巡る探偵行!


パリ・オペラ座新作公演の主役に抜擢された天羽七音美。原作者レジーヌ・ブラパンがこだわる「黒髪のジャンヌ・ダルク」像にぴったりなのだという。演出家ジャック・ロランの依頼で、七音美は宣伝のためカンヌへ渡る。その頃、パリでは娼婦が丸刈りにされ殺される事件が起こっていた。被害者はカンヌのホテルの部屋番号と「オルレアンの魔女」という謎の言葉が記されたメモを握っていた。捜査にあたる刑事エミールもカンヌへ飛び、そして舞台は忌わしき伝説の残る「監獄島」へ。果たしてオルレアンの魔女とは……




目次 Ⅰ東京/Ⅱパリ/Ⅲカンヌ/Ⅳ監獄の島/Ⅴ修道院の島/Ⅵオルレアン/Ⅶカンヌ



孤島にセレブたちが集まり、事件が起きるのは半分を過ぎた頃、ラストで探偵が関係者を一堂に会して謎を解くという、クリスティーを思わせる構成を楽しんでいると、待ち受けていたのは現代史の闇が生んだ悲劇だった。本格ミステリの枠組で古典芸術と社会派を綯い交ぜにさせる、稲羽ミステリの様式が確立された。
(評論家 中川右介)

荘重なる舞台と陰鬱なる惨劇のコントラスト。オペラさながらの構成に酔いしれた。
(八重洲ブックセンター 内田俊明)

端正かつ骨太。花月のフランスに噴き上がる不穏の風。火と蘭で「爛れ」となるのは偶然でしょうか。
(ワセダミステリ・クラブ)


【著者紹介】
稲羽白莵(いなば はくと)
2015年「北区内田康夫ミステリー文学賞特別賞」受賞。2017年島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞(通称:福ミス/知念実希人・酒本歩らを輩出)準優秀作。受賞作『合邦の密室』を、本格ミステリでは定評のある原書房より刊行。2020年『仮名手本殺人事件』を上梓、文庫化がまたれる作品のひとつ。