書籍情報

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • e-hon
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介


創刊 二見ホラー×ミステリ文庫  毎月20日頃発売



少女・マキに導かれるまま「島」で目覚め異形の者に惨殺されるボク。
──ボクの謎を追うホラー作家・宮部七徒は、おそろしい真実に近づいていく。


息を止めると目の前に現れる少女・マキ。彼女に誘われるまま、その手を握ると、廃墟ばかりの「島」で目覚めてしまう。なぜか彼女を救わないといけないという強い責任感に駆られ、彼女の手を引くボク。異形の者たちが潜む「島」を奔走するが、そのたびに異形の者たちに惨殺され、元の世界に戻されてしまう。果たして、マキを救うことはできるのか──



【著者紹介】
最東対地(さいとう・たいち)
1980年5月9日生大阪府在住。2013年より執筆活動を開始し、同年ホラーブログ『最東対地の嗤う壷』開設。2016年に第23回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞した『夜葬』で作家デビューする。他著作に『KAMINARI』、『寝屋川アビゲイル』、『異世怪症候群』、『カイタン 怪談師りん』などがある。