書籍情報
二見文庫

義父の後妻

霧原一輝 
ISBNコード 9784576210964
判型 文庫判
定価 本体720円+税
初版年月日 2021年06月28日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • e-hon
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介

70歳の義父が40歳年下の女性と再婚?
止めるはずが逆に誘惑されて──
書下し サスペンス官能エンタメ!


ある日、郁夫にとって勤務する会社の経営者である妻の父親が、40歳以上も年下の女性と再婚すると宣言した。親族たちは猛反対。妻に頼まれ義父に話を聞きにいくが、郁夫よりも年下のその女性・美雪に魅了され妙に納得してしまう。義父宅に泊まった彼は義父と美雪のセックスを目撃、さらに後日、彼女から誘惑されることとなり……。書下しサスペンス官能!

【著者紹介】
霧原一輝(きりはら・かずき)
1953年愛知県生まれ。早稲田大学文学部卒業。エロスを追求しながらさまざまな文筆業を続け、2006年『恋鎖』(双葉文庫)でデビュー。その後も「大人の男性が元気になる官能小説」をテーマに執筆。読者の熱い共感を得る。主な著書として「嫁シリーズ」三部作『息子の嫁』『弟の嫁』『うちの嫁』や『未亡人の長い夜』『嫁は未亡人』『若い後妻と息子の嫁と』『嫁の寝姿』『かわいい嫁』『みんなの嫁』『高慢女性課長』『生保レディ 契約ください』『人妻は昼顔夫人』『愛と欲望の深夜バス』『家政婦さん、いらっしゃい』『向かいの未亡人』(以上、二見文庫)、『蜜命係長と島のオンナたち』(双葉文庫)ほか多数。