書籍情報
二見文庫

灰色の病棟

桜井真琴 
ISBNコード 9784576210612
判型 文庫判
定価 本体720円+税
初版年月日 2021年04月26日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • e-hon
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

電子書籍を購入

  • kindle

内容紹介

女医の失踪の裏に隠された、
関係者による淫らな罠……
欲望渦巻く病院の夜を描いた書下し官能エンタメ!


野崎は警察を辞め、現在は闇の事件解決業をやっている。ある日、K病院の女医が相談にやってきた。病院で彼女の姉や同僚の女性が次々と失踪しているという。そこで、野崎は入院患者として潜入。さっそく看護師長と関係を持つと、一連の失踪の裏に院内のあるグループが関わっていることをつかむのだが……病院に渦巻くみだらな欲望を描いた書下し官能エンタメ!

【著者紹介】
桜井真琴(さくらい・まこと)
1972年、新潟県生まれ。広告会社でコピーライターとして従事。2012年、「特選小説」掲載「蜜指の記憶」でデビュー。新聞連載、小説誌での執筆などに加え、コミックノベルや電子書籍なども配信中。働く女性をモチーフにし、意外な展開を見せていくストーリーを得意とし、その細やかな心情描写に女性ファンも多い。著作に『淫情ホテル』『人妻たちに、お仕置きを』『彼女の母と…』『人妻 交換いたします』『下町バイブ』『人妻 夜の顔』『七人の人妻捜査官』(以上、二見文庫)、『艶めき同窓会』(双葉文庫)、『なまめき地方妻』(竹書房ラブロマン文庫)、『田舎のしたがり未亡人』(悦文庫)などがある。