書籍情報
二見文庫

深夜の回春部屋

睦月影郎(著)/
ISBNコード 9784576201313
判型 文庫判
定価 本体750円+税
初版年月日 2020年08月26日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介

「すごいわ、こんなに元気だなんて……」
80歳になってもまだまだしたい──

超人気作家による精力V字回復必至の官能エンタメ!!


スナックで飲んでいた64歳の純二は、めまいがして転倒。目覚めてみると若い頃のママが! ここは昭和54年、彼がまだ素人童貞の時代だった。「やりなおしたい!」強烈に思った彼は、令和時代までの体験と記憶を駆使し、ママをはじめさまざまな女性に迫る──東スポ大好評連載「甦れ性春!」に書下し「淫ら老人日記」を併録した、精力V字回復官能エンタメ!

【著者紹介】
睦月影郎(むつき・かげろう)
1956年神奈川県生まれ。
神奈川県立三崎高校卒業後、さまざまな職業を経て、23歳に官能作家としてデビュー。奇抜なストーリーと独特のフェティッシュな官能描写で圧倒的な支持を得ている。著書は、「21世紀最強の官能小説大賞」に輝いた『夜の研究棟』を含む『儀式 真夜中の肉宴』『蜜の閨 誘惑の一夜』の「館」三部作、『はまぐり伝説』『クリおね伝説』『あわび伝説』の「伝説」三部作、『絶倫王子』『淫脳王』『永遠のエロ』『人妻淫スクール』『月影亭擦淫事件』(以上、二見文庫)他600冊を超える。また、官能小説の書き方他についてまとめた『欲情の文法』(星海社新書)、自らの人生とマンガの歴史を振り返ったエッセイ『ぼくのマンガ道』(鈴屋出版)もある。