書籍情報
二見文庫

回春の桃色下着

霧原一輝(著)/
ISBNコード 9784576200965
判型 文庫判
定価 本体705円+税
初版年月日 2020年06月26日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介

こんなになったのは、いつ以来だ!?
──魔法の匂いが彼に青春を取り戻させる!

精力剤よりも効く書下しスーパー回春官能!


孝太郎は70歳。妻を2年前に亡くし、セックスはもちろん、勃起とも無縁の生活を送っていた。そんなある日、箪笥の奥からかつての恋人のパンティを発見する。奇跡的に真空パックされていたらしい。残っていた匂いをかぐと、股間が頭をもたげていた。この匂いで昔のような硬さが戻ってくることに気づいた彼は、大胆になっていくが……。書下しスーパー回春官能!

【著者紹介】
霧原一輝(きりはら・かずき)
1953年愛知県生まれ。早稲田大学文学部卒業。エロスを追求しながらさまざまな文筆業を続け、2006年『恋鎖』(双葉文庫)でデビュー。その後も「大人の男性が元気になる官能小説」をテーマに執筆。読者の熱い共感を得る。主な著書として「嫁シリーズ」三部作『息子の嫁』『弟の嫁』『うちの嫁』や『未亡人の長い夜』『嫁は未亡人』『若い後妻と息子の嫁と』『嫁の寝姿』『かわいい嫁』『みんなの嫁』『高慢女性課長』『生保レディ 契約ください』『息子の嫁の艶姿』『催淫気功 その気にさせて』『嫁の黒下着』『人妻は昼顔夫人』『人妻 濡れつづけた一週間』『愛と欲望の深夜バス』『家政婦さん、いらっしゃい』(以上、二見文庫)、『美女刺客と窓ぎわ課長』(双葉文庫)ほか多数。