書籍情報
二見時代小説

斬るは主命 奥小姓裏始末1

青田圭一(著)/
ISBNコード 9784576200941
判型 文庫判
定価 本体658円+税
初版年月日 2020年06月26日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介

失脚した田沼意次の甥、世を憚る身の竜の之介がなぜ将軍の奥小姓に?
将軍家斉の個室御用の間。
将軍家に害をなす輩を人知れず駆逐せよ!
そのためこれを下げ渡す! 下されたものとは……?

大型新人、登場! 新シリーズ第1弾!


竜之介さん、うちの婿にならんかね──。
故あって神田川の河岸で真剣勝負に及び、腿を傷つけた田沼竜之介を屋敷で手当した、小納戸の風見多門のひとり娘・弓香。多門は世間が何といおうと田沼びいき。隠居した多門の後を継ぎ、田沼改め風見竜之介として小納戸に一年、その後、格上の小姓に抜擢され、江戸城中奥で将軍の御側近くに仕える立場となった竜之介は……。

【著者紹介】
青田圭一 あおた・けいいち
秋田県秋田市生まれ。東京在住。
高校卒業後、通勤電車で時代小説を読むことを習慣にして40年。好きが高じて作品執筆に取り組み始め、時代小説を副業にしたいと決意。習作を重ね、本作品でデビュー。