書籍情報
二見時代小説

上意返し 御庭番の二代目12

氷月 葵(著)/
ISBNコード 9784576200125
判型 文庫判
定価 本体648円+税
初版年月日 2020年01月27日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介

家康公百五十回忌社参。
過酷な徴税に十万人が鋤鍬を掲げ江戸城へ!

島原の乱以来の大騒動か!
中山道六十九の宿場のうち、最大の本庄宿を探索せよと命じられた宮地加門は……。
天狗触れとは一揆の画策?


将軍は九代家重から十代家治へと受け継がれた。来年は家康公百五十回忌の日光社参。その莫大な費用を補うべく、幕府は中山道沿いの各村に過酷な税「増助郷」を迫った。朝鮮通信使来日に続く「酷税」に百姓は決起。御上意といえども抗するしかない。やらなきゃ飢え死にしかない。中山道の各村から鋤鍬を手に十万人を超える百姓が江戸城へと進んでいく。御庭番の宮地加門は……。

【著者紹介】
氷月 葵 ひづき・あおい
東京都生まれ。出版社勤務などを経て、フリーライターとして独立。秋月菜央の筆名で『虐待された子供たち』(二見書房)、『Relax in Blue』(経済界)等、福知怜の筆名で『タイタニック号99の謎』(二見書房)など、歴史、心理、ドキュメント系などの著書を多く執筆する。小説では第四回「北区内田康夫ミステリー文学賞」において「師団坂・六0」筆名・井水怜で大賞を受賞。


御庭番の二代目 シリーズ
将軍の跡継ぎ
藩主の乱
上様の笠
首狙い
老中の深謀
御落胤の槍
新しき将軍
十万石の新大名
上に立つ者
上様の大英断
武士の一念
上意返し
謀略の兆し
婿殿は山同心 シリーズ
世直し隠し剣
首吊り志願
けんか大名
公事宿 裏始末 シリーズ
気炎立つ
火車廻る
濡れ衣奉行
孤月の剣
追っ手討ち