書籍情報
二見文庫

家政婦さん、いらっしゃい

霧原一輝(著)/
ISBNコード 9784576191775
判型 文庫判
定価 本体694円+税
初版年月日 2019年10月28日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介

「あら、ここもきれいにしないといけませんね──」
自宅療養中の男の家に来た家政婦は
かつての不倫相手だった──。


仕事中に右腕骨折をし、自宅療養中の健二。妻とは二年前に離婚している。右手が使えないので日常生活ができないことに辟易した彼は家政婦に来てもらうことにした。写真と履歴もチェックできるHPを開くと、そこにはかつて一度だけ不倫をした相手である女性の顔が! 興味と期待で彼女に来てもらうことにしたが……。人気作家による書下し官能エンタメ!

【著者紹介】
霧原一輝(きりはら・かずき)
1953年愛知県生まれ。早稲田大学文学部卒業。エロスを追求しながらさまざまな文筆業を続け、2006年『恋鎖』(双葉文庫)でデビュー。その後も「大人の男性が元気になる官能小説」をテーマに執筆。読者の熱い共感を得る。主な著書として「嫁シリーズ」三部作『息子の嫁』『弟の嫁』『うちの嫁』や『未亡人の長い夜』『嫁は未亡人』『若い後妻と息子の嫁と』『嫁の寝姿』『かわいい嫁』『みんなの嫁』『人妻の別荘』『息子の愛人』『高慢女性課長』『生保レディ 契約ください』『息子の嫁の艶姿』『催淫気功 その気にさせて』『嫁の黒下着』『人妻は昼顔夫人』『人妻 濡れつづけた一週間』『愛と欲望の深夜バス』(以上、二見文庫)、『夜も添乗員』(双葉文庫)ほか多数。