書籍情報
二見時代小説

十手婆 文句あるかい2 お狐奉公

和久田正明(著)/
ISBNコード 9784576190266
判型 文庫判
定価 本体648円+税
初版年月日 2019年02月26日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

電子書籍を購入

  • kindle
  • booklive

内容紹介

悪を憎んで人を憎まず。
十手お鹿と息子たちの、親子岡っ引き捕物始末

大店の女番頭の一人息子が拐しに遭うが、骸に……。
「蟻の一穴、天下の破れ!」
亡き亭主の遺言を胸に、お鹿の十手が悪を暴く!

お鹿婆の人気大爆発! 新シリーズ第2弾


日本橋で呉服や小間物を商う江戸屈指の大店「桜子屋」の一番番頭お菊の一人息子が身代金目当ての拐しに遭うが、子供はすぐに骸となって家の前に投げ捨てられてしまう。母親のお菊にも怪しさが見え、十手婆お鹿はお菊の過去を探るが、下手人探しは妙な方向に。亡き亭主の遺言「蟻の一穴……」を胸に、お鹿と二人の息子の親子岡っ引きが追う先に、ついに黒幕が姿を現すが……。

【著者紹介】
和久田正明 わくだ・まさあき
1945年静岡県生まれ。テレビ時代劇の脚本を数多く手がけた後、現在では時代小説の執筆に専念している。主なシリーズに、「はぐれ十左暗剣殺」「特命」(徳間時代小説文庫)、「新八丁堀つむじ風」(廣済堂文庫)、「鎧月之介殺法帖」(コスミック・時代文庫)、「死なない男・同心野火陣内」「髪結の亭主」(ハルキ文庫)、「将軍の猫」(角川文庫)、「嵐を呼ぶ女」(光文社時代小説文庫)「提灯奉行」(小学館文庫)などがある。


十手婆 文句あるかい
十手婆 文句あるかい 火焔太鼓
十手婆 文句あるかい2 お狐奉公
十手婆 文句あるかい3 破れ傘
地獄耳
地獄耳1 奥祐筆秘聞
地獄耳2 金座の紅
地獄耳3 隠密秘録
地獄耳4 お耳狩り
地獄耳5 御金蔵破り