書籍情報
一般書

おかしな生きもの写真館

ポール・ジョインソン・ヒックス&トム・サラム(編)/
ISBNコード 9784576190150
判型 A5変型判
定価 本体1500円+税
初版年月日 2019年01月28日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介


いったい何してるの?
野性動物の奇妙な姿を捉えた!
二度と見られない「お宝写真」を展示中です。



この本を買った時点で、あなたも……
「世界中から実に3500点もの愉快な動物写真が僕らの手元に届いた。……本書が、世界各地で深刻な危機にさらされている動物に興味を持つきっかけになることを願っている。もし人間が、今のようなライフスタイルに甘んじていたら、50年以内にかなりの確率で野生のサイとゾウがいなくなる。……このメッセージを世界に発信するため、僕たちは「ボーン・フリー財団」とパートナーシップを結んだ。……僕たちはこのイベントを通じて得た収益の10%を財団に納めているが、本書を購入した時点で、あなたにもご協力いただいている。」(本文より)

「野生動物ユーモア写真大賞」に世界中のカメラマンが応募した生きものたちのとんでもない姿! 選りすぐりの可笑しなシーンを初公開!



【著者紹介】
ポール・ジョイソン・ヒックス Paul Joyson-Hicks
野性動物の生態を撮りつづける写真家。アフリカ、タンザニアのアルージャに妻と幼い二人の息子とともに在住。茂みに身を潜めて、のびのびと寛ぐ生きものたちの姿を撮ることを無上の歓びとしている。長年にわたるタンザニアでの環境保全活動が讃えられて「大英帝国勲章MBE」を受賞。

トム・サラム Tom Sullam
ロンドンの金融業界で働くうち、自分の望む人生ではないことに気づいて退職。念願のカメラマンの道を歩むうち、名誉ある「Fuji Photographer of the Year Award」「One Vision prize」を受賞。現在、家族とタンザニアに移り住み、大自然に溶け込んで野生動物の知らざれる姿を追及している。