書籍情報

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介

天下の法に横槍入れる徳川ゆかりの大身旗本。
評定所の父子鷹が闘う。

幕府の最高裁判所、評定所。
鷹と謳われた父の後を継ぐ若き正義の士、結城新之助。
将軍家斉にも恐れず盾つく旗本松平左京の悪を許さず。

忖度を排し法を護る! 新シリーズ第1弾


評定所は三奉行(町・勘定・寺社)がそれぞれ独自に裁断しえない案件を老中、大目付、目付と合議する幕府の最高裁判所。留役がその実務処理をした。結城新之助は、鷹と謳われた父の後を継いで留役となった。ある日、新之助に「貰い子殺し」に関する調べが下された。探っていくと五千石の大身旗本松平左京の影が浮かんできた。父、弟小次郎との父子鷹の探索が始まって……。

【著者紹介】
牧 秀彦 まき・ひでひこ
1969年東京都生まれ。
好評既刊に「辻番所シリーズ」(光文社文庫刊)、「江戸家老塩谷隼人」「日比野左内一手指南」「松平蒼二郎始末帳」シリーズ(徳間文庫刊)等がある。
完結した作品については、「時代小説作家 牧秀彦 公式Webサイト」
http://www.maki-hidehiko.com/ に著者自らによる解説を掲載。


評定所留役 秘録
評定所留役 秘録 父鷹子鷹
浜町様 捕物帳
大殿と若侍
生き人形
子連れ武骨侍
神道無念流 練兵館
不殺の剣
孤高の剣聖 林崎重信
抜き打つ剣
燃え立つ剣
八丁堀 裏十手 
間借り隠居
お助け人情剣
剣客の情け
白頭の虎 
哀しき刺客
新たな仲間
魔剣供養
荒波越えて
毘沙侍 降魔剣



将軍の首