書籍情報
二見時代小説

幻の赦免船 居眠り同心 影御用26

早見 俊(著)/
ISBNコード 9784576180427
判型 文庫判
定価 本体648円+税
初版年月日 2018年03月26日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介

八丈島からの赦免船が江戸湊に入ってきた時、『幻』の幕が上がった!
流人の濡れ衣を晴らせ──。
南町奉行の内与力と、十万石大名の抱え力士から、居眠り番源之助に影御用!
思いもよらぬ深い闇を暴け。


八丈島で一緒だった瓢吉って男の濡れ衣を晴らしてやってほしい──。この正月に赦免船で十年ぶりに江戸に帰った元関脇の寅吉が、居眠り番・蔵間源之助に頼み込んだ。深川の小間物問屋豊洲屋出入りの飾り職人・瓢吉は五十両を盗んだ咎で八丈に流されたが、無実を訴えつづけていたという。また、北町奉行の内与力からも、同様の依頼が舞い込んで……。

【著者紹介】
早見 俊 はやみ・しゅん
1961年、岐阜県岐阜市に生まれる。法政大学経営学部卒業。会社員を経て作家活動に入る。著作に、「目安番こって牛征史郎シリーズ」(二見時代小説文庫)「居眠り同心 影御用シリーズ」(二見時代小説文庫)「公家さま同心飛鳥業平シリーズ」(コスミック時代文庫)「ご落胤隠密金五郎シリーズ」(徳間文庫)「婿同心捕物控えシリーズ」(学研M文庫)「浪花の江戸っ子与力事件帳シリーズ」(光文社文庫)「密命御庭番シリーズ」(静山社)など多数ある。2017年、「居眠り同心 影御用シリーズ」(二見時代小説文庫)と「佃島用心棒日誌シリーズ」(角川文庫)により、第6回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。


居眠り同心 影御用 シリーズ
居眠り同心 影御用 源之助 人助け帖
朝顔の姫 
与力の娘 
犬侍の嫁 
草笛が啼く
同心の妹 
殿さまの貌
信念の人 
惑いの剣 
青嵐を斬る
風神狩り
嵐の予兆
七福神斬り
名門斬り
闇の狐狩り
悪手斬り
無法許さじ
十万石を蹴る
闇への誘い
流麗の刺客
虚構斬り
春風の軍師
炎剣が奔る
野望の埋火(上)(下)
幻の赦免船
双面の旗本
逢魔の天狗
目安番こって牛征史郎 シリーズ
憤怒の剣 
誓いの酒 
虚飾の舞 
雷剣の都 
父子の剣