• トップページ
  • ヨハン・クライフ自伝 サッカーの未来を継ぐ者たちへ
書籍情報
一般書

ヨハン・クライフ自伝 サッカーの未来を継ぐ者たちへ

ヨハン・クライフ(著)/若水大樹(訳)/
ISBNコード 9784576170121
判型 四六判
定価 本体1800円+税
初版年月日 2017年02月27日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介

サッカーのすべてをクライフが教えてくれた  ジョゼップ・グアルディオラ

2016年3月、惜しまれつつ他界したサッカー界のレジェンド、ヨハン・クライフ。
生前クライフが初めて自らの生涯を振り返り、サッカーへの溢れる思いを語った自伝。
その遺伝子は名監督グアルディオラやFCバルセロナの イニエスタ、メッシに受け継がれている。
偉大な変革者が遺した最後のメッセージ


ヨハン・クライフの14のルール
1  テクニック――――――『基礎を学ぶこと』
2  戦術―――――――――『何をするべきか把握すること』
3  独創力――――――――『スポーツの美学』
4  学ぶこと―――――――『練習は裏切らない』 
5  成長―――――――――『強い精神と強い身体』
6  責任感――――――――『リーダーシップの一環』
7  リスペクト――――――『他者を思いやる』
8  コーチング――――――『チームは協力しなければならない』
9  チームプレー―――――『一人よりチームのほうができることが多い』
10 主導権――――――――『勇気を持ってやるべき』
11 個性―――――――――『自分自身であれ』
12 チームプレーヤー―――『一人では勝利できない』
13 インテグレーション――『楽しさはみんなで分かち合おう』
14 社交性――――――――『スポーツにおいてもすべての基本』


【著者紹介】
ヨハン・クライフ JOHAN CRUYFF
1947年4月、オランダのアムステルダムに生まれる。「トータルフットボール」という革命的な戦術により、選手として1970年代のサッカー界をリードした。選手時代に在籍したクラブチーム・アヤックスをUEFAチャンピオンズカップ3連覇に導き、1974年のFIFAワールドカップでは、決勝で西ドイツに惜しくも敗れたが準優勝に輝いた。その実績から、バロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を3度受賞した。
1984年に引退後は指導者へ転身し、かつて在籍したアヤックスや、FCバルセロナの監督を務めた。攻撃的なサッカーを信条とし、バルセロナではリーガ・エスパニョーラ4連覇やUEFAチャンピオンズカップ優勝など数々のタイトルを獲得した。選手と監督の両方で頂点を極めた、そのサッカー理論は、名将グアルディオラをはじめ多くの指導者、選手たちに受け継がれ、現代サッカーの基礎となっている。2016年3月、肺がんのためバルセロナで死去。