書籍情報
一般書

永遠のオードリーファッション

テレンス・ペッパー(著)/ヘレン・トロンペテラー(著)/矢田明美子(訳)/岡田悠佳子(訳)/
ISBNコード 9784576161044
判型 B5変型判
定価 本体2800円+税
初版年月日 2016年07月25日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介

初公開の写真で塗り変えられた麗しきレジェンド
あなたは知っていますか? 本当のオードリーの姿を……
ロンドンで絶賛された【大回顧展】を完全収録!


母の故郷での回顧展に寄せて  ルカ・ドッティ(オードリーの息子)
「一人の女性が形づくられるプロセスをみごとに再現したこのたびの展覧会の経験は、ひときわ価値あるものとなった。
 母がここにいたら、どんなに光栄と思ったことか。そして故郷のロンドンに戻ってきたことを、さぞかし喜んだことだろう。」(前文より)

没後23年を経てなお、永遠のスターとして世界中の人々を魅了するオードリー・ヘプバーン(1929~1993)。史上、最も多く写真を撮られたレジェンドの一人であり、その生涯を映し出す150点近い写真と資料には、知られざる素顔が秘められている。

ベルギー生まれの英国人女優オードリー・ヘプバーンは、『ローマの休日』、『麗しのサブリナ』、『ティファニーで朝食を』、『シャレード』などの名作に主演した国際的スター。その清々しいキャラクターは今なお色褪せることなく、世界中で愛されつづけている。
本書は回顧展の雰囲気をそのままに伝え、20世紀という時代の流れを背景に、オードリーがいかに大衆の心をつかみ世界を魅了したかを、時代を追って浮き彫りにしていく。

スタイルのいいオードリーは、ファッション界のミューズ(女神)としても愛され、ジバンシィら多くのデザイナーのモデルをつとめ、そのキュートな写真はメジャー誌の表紙を飾った。名だたる写真家たちがカメラにおさめた女神像を一挙公開!

【著者紹介】
テレンス・ペッパー
ロンドンの「ナショナル・ポートレート・ギャラリー」の上級特別顧問(Senior Special Advisor)。同ギャラリーの写真課部門で36年間キュレーターを務め、2015年7月~10月に開催されたオードリー・ヘプバーン回顧展「Audrey Hepburn: Portraits of an Icon」の責任担当者。
これまでノーマン・パーキンソン(1981年)、ルイス・モーリー(1989年)、ドロシー・ワイルディング(1991年)、ホルスト・P・ホルスト(2001年)、セシル・ビートン(2004年)、マン・レイ(2013年)などの作品展に携わり、名キュレーターとして受賞歴もある。主な著書に『Vanity Fair Portraits』(2008年、共著)、『Beatles to Bowie』(2009年、共著)、『Hoppe Portraits』(2011年、共著)などがある。

ヘレン・トロンペテラー
「ナショナル・ポートレート・ギャラリー」写真課部門のアソシエイト・キュレーター。オードリー・ヘプバーン回顧展の共同責任者を務める。これまで携わった写真展はフォーマット・フォトグラム・エージェンシー展(2010年)、フレッド・ダニエルズのポートレート展(2012年)、スノードン卿の回顧展(2014年)など多数。