書籍情報
二見レインボー文庫

呪-誰かに話したくなる怖い話-

山岸和彦(著)/
ISBNコード 9784576161037
判型 文庫判
定価 本体620円+税
初版年月日 2016年07月01日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

電子書籍を購入

  • 電子書店パピレス
  • kindle
  • シーモア
  • booklive

内容紹介

決して振り返ってはいけない……。
背筋も凍りつく53の怨霊実話

細い指がグイグイと喉を…「深夜、独身寮を歩きまわる女の霊」。
真夜中の炭鉱跡で遭遇したもの…「面白半分で行くから、そんな目に遭うんだ!」。
泣きそうになりながら入ったトイレで…「夜八時、忘れ物を取りにいった学校での怖い話」。
気鋭のミステリー・ハンターが全国各地から集めた霊体験実録レポート。
廃墟、トンネル、公園、寮、ホテルなど「出る!」と噂の心霊スポットで起きた53の怨霊実話。

第一章 背筋も凍る世にもおぞましい怪奇
第二章 耳にこびりついて離れない怨念の叫び
第三章 思わずゾーッとする戦慄の怪異
第四章 現世にも未練を残す悲痛な情念の祟り
第五章 冥界から人をたぶらかす妖かしの霊たち

【編著者紹介】
山岸和彦(やまぎし・かずひこ)
1965年、静岡県に生まれる。静岡大学工学部卒業。
怪談・伝説・民話・噂話・歴史ミステリーの研究・情報収集歴は40年にもおよぶ。現在、主に心霊、妖怪と怪異民俗史についての研究をするかたわら、「不思議」を求めて各地をフィールドワーク中。また著書の執筆・編集のほかに、心霊実話系のテレビ番組や雑誌等に情報提供の活動も行なっている。
主な著書・寄稿本として『「怖くて不思議な体験」自慢』『怪談実話のネタ本』『最新 日本の心霊恐怖スポット100』(二見書房)『学校で本当に起きた怖い話』(河出書房新社)『心霊ゾーン・ガイド』(学習研究社)などがある。