書籍情報
二見文庫

息子の愛人

霧原一輝(著)/
ISBNコード 9784576161006
判型 文庫判
定価 本体657円+税
初版年月日 2016年06月27日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

電子書籍を購入

  • 電子書店パピレス
  • 電子貸本Renta!
  • kindle
  • シーモア
  • booklive
  • ebookjapan

内容紹介

「お父さま、息子さんより達者よ──」
息子の愛人一人一人に会い、「別れて欲しい」と頼む父親。
しかし、意外な展開が──


仕事から身を引き、息子夫婦と幸せな日々を送る辰男だったが、ある日息子が事故で意識が戻らない状態に。息子のケータイを調べた彼は頻繁に連絡を取っていた女性たちの存在を知る。「息子と別れて欲しい」と頼むために女性たちに会う辰男だが、逆に言い寄られ、事態は思わぬ方向へと展開していく……。人気作家による、書下し回春官能!

【著者紹介】
霧原一輝(きりはら・かずき)
1953年愛知県生まれ。早稲田大学文学部卒業。エロスを追求しながらさまざまな文筆業を続け、2006年『恋鎖』(双葉文庫)でデビュー。その後も「大人の男性が元気になる官能小説」をテーマに執筆。読者の熱い共感を得る。著書として『若女将の事件簿』(双葉文庫)、『桜の下の螢』(悦文庫)、『とろり母娘温泉』(竹書房ロマン文庫)ほか多数。