書籍情報
二見時代小説

燃え立つ剣 孤高の剣聖 林崎重信2

牧 秀彦(著)/
ISBNコード 9784576151830
判型 文庫判
定価 本体648円+税
初版年月日 2015年11月26日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

電子書籍を購入

  • 電子書店パピレス
  • kindle

内容紹介

二刀を操る宮本無二斎、厳流佐々木小次郎──。
好敵手との決着は?

剣豪大名北畠具教の館にて日の本の兵法者が集い闘う。
亡き師塚原卜伝が遺した謎の三文字『鞘の内』とは?
居合の開祖、波瀾の人生!
居合道五段の著者が描くこれぞ剣豪小説!


林崎甚助重信、三十二歳。後の世に居合道の祖と崇められる剣聖は、剣豪大名と名高い伊勢国の北畠具教の招きに応じ、日の本の兵法者が競う御前試合に臨まんとしている。重信の胸に昨年の命懸けの闘いが蘇ってきた。その男の陣羽織の襟には「日本無双兵法者 厳流佐々木小次郎」とあった。そしてもう一人。二刀を操る宮本無二斎。多芸御所での試合が始まろうとしていた。


【著者紹介】
牧 秀彦 まき・ひでひこ
時代小説作家 牧秀彦 公式Webサイト
http://www.maki-hidehiko.com/


孤高の剣聖 林崎重信
抜き打つ剣
燃え立つ剣
評定所留役 秘録
評定所留役 秘録 父鷹子鷹
掌中の珠
天領の夏蚕
浜町様 捕物帳
大殿と若侍
生き人形
子連れ武骨侍
神道無念流 練兵館
不殺の剣
八丁堀 裏十手 
間借り隠居
お助け人情剣
剣客の情け
白頭の虎 
哀しき刺客
新たな仲間
魔剣供養
荒波越えて
毘沙侍 降魔剣



将軍の首