書籍情報
二見時代小説

見えぬ敵 夜逃げ若殿 捕物噺15

聖 龍人(著)/
ISBNコード 9784576151656
判型 文庫判
定価 本体648円+税
初版年月日 2015年10月26日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

電子書籍を購入

  • 電子書店パピレス
  • kindle

内容紹介

由布姫と供が襲われ、腰元の志津が殺された。
誰が?何を狙って?

三万五千石の夜逃げ若殿と許婚の由布姫に謎の刺客!
弥市親分の依頼で探索中の旗本笹原家と柿田家の抗争ゆえか? 巨大な敵が迫る。

若殿と姫が危ない! 大人気シリーズ急展開の第15弾


稲月藩三万五千石の若君・千太郎の許嫁で将軍家御三卿田安家ゆかりの由布姫が襲われ、腰元の志津が殺された。そして謎の刺客は千太郎にも迫った。だが、まったく姿を見せない恐るべき敵であった。いったい誰が何のために千太郎と由布姫の命を狙うのか?一方、旗本どうしの抗争の探索を頼まれたのだが……。

【著者紹介】
聖 龍人 ひじり・りゅうと
佐賀県有田生まれ。日本大学卒業後、内外タイムス入社。その後、新聞、雑誌などのライターを経て、作家となる。気学、呪術研究家の顔も持ち、占星術、姓名判断、易学などの分野でも活躍中。専門的な知識も豊富である。著書には、『気まぐれ用心棒深川日記』(祥伝社文庫刊)、「怪盗若さま幻四郎シリーズ」(コスミック出版刊)、「家なき殿さまシリーズ」(廣済堂文庫刊)、『逃亡侍 戯作手控え 満月の夜』(中公文庫刊)などがある。


夜逃げ若殿 捕物噺 シリーズ
夜逃げ若殿 捕物噺 夢千両 すご腕始末
夢の手ほどき 
姫さま同心
妖かし始末
姫は看板娘
贋若殿の怪
花瓶の仇討ち 
お化け指南
笑う永代橋
悪魔の囁き
牝狐の夏
提灯殺人事件
華厳の刃
大泥棒の女
見えぬ敵
踊る千両桜
火の玉同心 極楽始末 シリーズ
火の玉同心 極楽始末 木魚の駆け落ち