書籍情報
二見時代小説

抜き打つ剣 孤高の剣聖 林崎重信1

牧 秀彦(著)/
ISBNコード 9784576150925
判型 文庫判
定価 本体648円+税
初版年月日 2015年06月26日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

電子書籍を購入

  • 電子書店パピレス
  • kindle

内容紹介

三尺超えの名刀来信国を五尺の男が一気に抜く。
秘技の裏に瞠目の人生。

父の仇を討つべく八歳より母の導きで血の滲む修行。
長剣抜刀「卍抜け」に開眼し、十八歳で仇討ち旅に出て…。
居合の開祖、波瀾の人生!
居合道五段の著者が描く剣豪小説の極北


父の仇を討つべく八歳より母の導きで血の滲む修行。長剣抜刀「卍抜け」に開眼し、十八歳で仇討ち旅に出た林崎重信。十一年ぶりに出羽の地を踏んだ重信を狙う刺客。かつて重信が討ち果たした仇の息子であった。この刺客に、諜者らしき男が語りかけた。「おぬしの仕事は、最上義光の一命を断つこと。私怨を晴らすのにかまけて、信長公よりご依頼の儀を疎かにされては困る」 

【著者紹介】
牧 秀彦 まき・ひでひこ
1969年、東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。東芝に6年間勤務後、剣の道を突き詰める時代作家業に挑んだ。全日本剣道連盟(全剣連)居合道五段。現在六段に挑戦中。
その他作品はホームページ「時代小説作家 牧秀彦 公式Webサイト」http://www.maki-hidehiko.com/ に著者自身による解説を掲載中。


孤高の剣聖 林崎重信
抜き打つ剣
燃え立つ剣
評定所留役 秘録
評定所留役 秘録 父鷹子鷹
掌中の珠
浜町様 捕物帳
大殿と若侍
生き人形
子連れ武骨侍
神道無念流 練兵館
不殺の剣
八丁堀 裏十手 
間借り隠居
お助け人情剣
剣客の情け
白頭の虎 
哀しき刺客
新たな仲間
魔剣供養
荒波越えて
毘沙侍 降魔剣



将軍の首