書籍情報
ロマンスコレクション

今宵、心惑わされ

グレース・バローズ(著)/安藤由紀子(訳)/
ISBNコード 9784576150871
判型 文庫判
定価 本体952円+税
初版年月日 2015年06月22日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介

「パブリッシャーズ・ウィークリー」誌〈2012年ロマンス部門ベスト・ブック〉!!

花嫁の持参金で一家を支えたいスコットランドの伯爵家跡継ぎ
×イングランドから来た金満男爵家の美人令嬢
=その恋は思わぬ方向に波及し……


「バローズは戯れと官能、この二つを巧みに融合させる錬金術師」
     (パブリッシャーズ・ウィークリー)

「おみごと……ゆっくりと熱を帯びていく官能的な愛と家族の強い絆が読む者の心をとらえて放さない」
     (ロマンティック・タイムズ)

「えも言われぬ官能美、もつれる展開、魅力あふれる登場人物……紛れもないエンターテインメント作品」
     (ライブラリー・ジャーナル)

スコットランドの伯爵家の次男として生まれたイアンだが、兄が行方不明のため、早急に伯爵位を継承しなければならなくなっていた。が、伯爵家は折からの財政難。そこで窮地を乗り切るために、たっぷりの持参金が見込める花嫁を迎える計画を立てる。ロンドンからはるばるやってきた金満男爵一家にハイランドで快適な夏の日々を過ごしてもらいながら、その令嬢に求婚──するはずだったが、イアンをはじめ双方の家の男女の心が揺れ合い触れ合ううち、事態は意外な方向へと進んでいき……
原題:The Bridegroom Wore Plaid

【著者紹介】
グレース・バローズ Grace Burrowes
ペンシルベニア州中央部ののどかな地域で七人きょうだいの六番目として生を受ける。小さなころからロマンス小説が大好きで、技術系ライター・編集者となってからもロマンス小説を読みふける日々が続く。夜間プログラムで法律の学位を取得、一人娘を出産した後、メリーランド州に引っ越す。
それでもロマンス小説は読みつづけながら弁護士事務所を開業、コンフリクト・マネージメントの修士号を取得。だんだん「ロマンス小説を書いてみようかしら」と考えるようになり、娘が家を出たのを機に実現させた。
その後、『伯爵の求婚』(デビュー作、「パブリッシャーズ・ウィークリー」誌2010年度ベスト・ブック)、『伯爵の告白』(同誌2011年度ベスト・スプリング・ロマンス)……と常に高い評価を獲得し、人気実力作家となる。本書『今宵、心惑わされ』はスコットランドを舞台にしたヴィクトリア朝ロマンス三部作の第一部にあたり、「パブリッシャーズ・ウィークリー」誌2012年度ロマンス部門ベスト・ブックに輝いている。