書籍情報
二見時代小説

ぶっとび大名 殿さま商売人2

沖田正午(著)/
ISBNコード 9784576141749
判型 文庫判
定価 本体648円+税
初版年月日 2014年12月22日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

電子書籍を購入

  • 電子書店パピレス
  • kindle

内容紹介

幕府の横槍にもめげず、若き藩主と家臣が放つ、奇想天外な元締め商売
下野三万石の型破りな殿が藩の経済危機を救うべく、驚天動地の新事業を推進!
儲けの横取りと改易を狙う、大目付との戦いの行方は?

〜侍の殻を打ち破れ!〜
べらんめえ大名大好評第2弾


下野三万石鳥山藩の台所事情は、相変わらず火の車だった。藩主の小久保忠介は前の失敗にも挫けず、家臣の皆野千九郎とともに新しい儲け商売を考える。それは、特産の大和芋を使った「とろろ汁御膳」で、しかも、募った江戸中の加盟店に売らせる、元締め商売だった。儲けを横取りして鳥山藩つぶしを狙う老中と大目付の目論見を知った忠介は、敢然と戦いを挑むのだが……。


【著者紹介】
沖田 正午 おきだ・しょうご
1949年、現さいたま市中央区生まれ。県立与野高校卒。軽妙洒脱で温かみのある、「沖田節」ともいえる独特な筆致がファンを魅了している。「やぶ医者天元世直し帖」(ハルキ文庫)、「丁半小僧武吉伝」(幻冬舎文庫)、「姫様お忍び事件帖」「浅草かみなり大家族」「御家人やくざと無頼犬」(ともに徳間文庫)、「天神坂下よろず屋始末記」「質蔵きてれつ繁盛記」(ともに双葉文庫)、「仕込み正宗」「げんなり先生発明始末」(ともに祥伝社文庫)などの各シリーズ。『六辻の狐』(廣済堂文庫)、『阿吽の羽織』(幻冬舎単行本)がある。


殿さま商売人 シリーズ
べらんめえ大名
ぶっとび大名
運気をつかめ!
悲願の大勝負
陰聞き屋 十兵衛 シリーズ
陰聞き屋 十兵衛
刺客 請け負います
往生しなはれ
秘密にしてたもれ
そいつは困った
将棋士お香 事件帖 シリーズ
一万石の賭け
娘十八人衆
幼き真剣師
北町影同心 シリーズ
閻魔の女房
過去からの密命
挑まれた戦い
目眩み万両
もたれ攻め
命の代償
影武者捜し
天女と夜叉
火焔の啖呵
青二才の意地