書籍情報
二見時代小説

闇の狐狩り 居眠り同心 影御用15

早見 俊(著)/
ISBNコード 9784576141572
判型 文庫判
定価 本体648円+税
初版年月日 2014年11月26日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

電子書籍を購入

  • 電子書店パピレス
  • kindle

内容紹介

奉行から極秘の下命!
将軍の鷹場で連続する猟奇殺人探索の影御用。

北町奉行所の元筆頭同心で居眠り番の蔵間源之助に覆面で斬りつけた侍が翌朝、寺社奉行の用人と称して秘密の御用を依頼してきた。


北町奉行所の元筆頭同心で今は居眠り番と揶揄される蔵間源之助は碁を打った帰り道、夜五つを回った頃、八丁堀の屋敷近くで、四人の黒覆面の侍たちに斬りかかられた。だが、腕は不確かなようで、数合ののち、四人は姿を消した。しかし、その翌朝、なんと四人のうちの首領格の男が源之助の仕事場を訪れ、寺社奉行の用人と名乗ったのである。そして秘密の御用を頼んできた。

【著者紹介】
早見 俊 はやみ・しゅん
1961年、岐阜県岐阜市に生まれる。法政大学経営学部卒業。会社員を経て作家活動に入る。
著作に、「目安番こって牛征史郎シリーズ」(二見時代小説文庫)「居眠り同心 影御用シリーズ」(二見時代小説文庫)「公家さま同心飛鳥業平シリーズ」(コスミック時代文庫)「ご落胤隠密金五郎シリーズ」(徳間文庫)「婿同心捕物控えシリーズ」(学研M文庫)「浪花の江戸っ子与力事件帳シリーズ」(光文社文庫)「密命御庭番シリーズ」(静山社)など多数ある。


居眠り同心 影御用 シリーズ
居眠り同心 影御用 源之助 人助け帖
朝顔の姫 
与力の娘 
犬侍の嫁 
草笛が啼く
同心の妹 
殿さまの貌
信念の人 
惑いの剣 
青嵐を斬る
風神狩り
嵐の予兆
七福神斬り
名門斬り
闇の狐狩り
悪手斬り
無法許さじ
十万石を蹴る
闇への誘い
流麗の刺客
虚構斬り
春風の軍師
炎剣が奔る
野望の埋火(上)(下)
幻の赦免船
双面の旗本
逢魔の天狗
目安番こって牛征史郎 シリーズ
憤怒の剣 
誓いの酒 
虚飾の舞 
雷剣の都 
父子の剣