書籍情報

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • HonyaClub

内容紹介

「金環日食」と「金星の日面通過」を観測しよう

国立天文台の専門家がわかりやすく解説する、
作る楽しさと観測する楽しさが両方楽しめる本!


「金環日食」2012年5月21日――東京、静岡、四国南部、九州南部で。
「金星の日面通過」2012年6月6日――全国で見られる



親子で作って楽しめる
太陽観測ペーパークラフトキット
(観測ゴーグル用フィルム付*←世界基準審査によって安全性が確認されているものです)

ゴーグルの安全基準に関してはこちらです 

世紀の天体ショーを安全に観測するためのキット付き決定版!
家族揃って神秘の現象を観測しましょう。
? 太陽観測器
? 日食観測器
? 太陽方位観測器
? 太陽軌道観測器
? 日時計
? 太陽ゴーグル
6つの観測器を作って楽しもう


【著者紹介】
監修・解説:縣 秀彦(あがた ひでひこ)
自然科学研究機構 国立天文台 准教授 天文情報センター普及室長。
1961年長野県生まれ。東京大学附属中学・高校教諭を経て現職。専門は天文教育(教育学博士)。日本科学教育学会理事、日本サイエンスコミュニケーション協会理事、NHK高校講座講師、科学の鉄人実行委員長ほかを務める。研究テーマ:研究機関からの学校教育支援に関する実践的研究、科学コミュニケーション論、4次元デジタル宇宙プロジェクト(http://4d2u.nao.ac.jp/ )など。
主な著書に『天文学入門』(岩波ジュニア新書、共著)、『天文学者はロマンティストか?』(NHK出版)、学習漫画『宇宙の歴史』(集英社)などがある。

ペーパークラフト制作:
   アンドリュー・デュアー(Andrew Dewar)

1961年カナダ・トロント生まれ。少年時代から紙工作にいそしみ、12歳の時に科学博物館で紙ヒコーキの指導をする。トロント大学でジャーナリズム、日本研究、図書館情報学を専攻。1988年、慶應大学大学院に留学し図書館情報学・博士課程を修了。その後、福島市の短期大学教授に就任。図書館・司書に関する講義のかたわら小学校などでペーパークラフトのワークショップを開催。現在、トロントで「ものづくり工房・紙」を主宰。主な著書に『よく飛ぶ紙ヒコーキ名機集』(講談社、共著)、海外では『Wings of Adventure』(Periplus Editions)、『Origami Fun Pack』(Tuttle)などがある。

【お詫び】
キット?に一部、抜きの不具合がございました。
恐れ入りますが、下記の訂正をご参照ください。
お買い上げいただきましたお客様には、この場を借りてお詫びいたします。誠に申し訳ございません。
訂正内容はこちらです