• トップページ
  • レッド・ドラゴン侵攻!第2部 南シナ海封鎖 (上) 
書籍情報
ミステリ・コレクション

レッド・ドラゴン侵攻!第2部 南シナ海封鎖 (上) 

ラリー・ボンド(著)/ジム・デフェリス(著)/伏見威蕃(訳)/
ISBNコード 9784576111070
判型 文庫判
定価 本体733円+税
初版年月日 2011年08月22日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介

元米海軍将校が描く衝撃の近未来軍事小説―-―全米ベストセラーNo.1!
中国軍の猛攻に炎上する首都ハノイ!
空爆下のベトナムから決死の脱出行!


中国軍奇襲部隊隊長・景悠は中国軍のベトナム侵攻のすべてを目撃しビデオに撮った科学者ジョシュ・マッカーサーを抹殺すべく、ハノイに潜入した。ジョシュとマーラ、米海軍SEAL一行はハノイから脱出しようとしていた。彼らは苦難の末にホーチミン市にたどり着いたが、ベトナムのすべての空港は中国軍の激しい空爆を受けて閉鎖されてしまい、海上も封鎖されたため、ベトナム脱出の手段を見つけられなかった。米軍の救出ヘリコプターを待つジョシュたちに迫る景悠の魔手!
原題:Red Dragon Rising: Edge of War

【著者紹介】
ラリー・ボンド Larry Bond
1951年生まれ。75年に海軍入隊後、作成将校、分析官、対潜技術専門官などを務める。トム・クランシーの『レッド・ストーム作戦発動』(文春文庫)の共著者になったのを契機に、『侵攻作戦レッド・フェニックス』(文春文庫)を刊行、たちまちベストセラー作家になる。他に『核弾頭ヴォーテックス』『テロリストの半月刀』『怒りの日』(いずれも文春文庫)などが邦訳されている。『レッド・ドラゴン侵攻!』シリーズで再び脚光を浴びている。

ジム・デフェリス Jim DeFelice
軍事物やスリラーを得意とする作家。デイル・ブラウンやスティーブン・クーンツらとの共著が多い。