書籍情報

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介

だいじょうぶ、ちゃんと幸せになれる
――「世界が認めた日本人女性100人」に選出された著者による
   結婚と恋愛についてのメッセージ集


ファッションモデル・小泉里子さん絶賛!
「何度も何度も読みたくなる一冊です。心地良い優しさに包まれながら、素直に自分と、そして恋愛に向き 合える、そんな本です。こんな素敵な言葉が詰まったこの本に出会えたあなたはもうすでに 幸せかも!」

「辛い時って、実はすごく貴重
 一番色んな事を吸収してる
 きっと心が(スポンジみたいにふわふわな)状態なんだよね」

「凜と ひとりになれるって 強さ
 その強さに ひとは 惹かれるんだと思う」

「人を好きになると (孤独) になる
 好きになればなるほど (不安) になる
 こんなに近くなりたいのに 近くなろうとすればするほど
 人は 最終的に (ひとり) なのだと身につまされる
 そんなことを ひりひりと感じることができるのが恋愛なんだ
 だから あせんなくていいよ」

「失敗したり 間違えたり
 正しくないとわかっても 気持ちが止められなかったり
 まわり道したり
 でも その時々で それでも誠実であろうと
 もがいているのが 大事なんだと思う」


「Newsweek」誌「世界が認めた日本人女性100人」の一人に選出された坂之上洋子による、恋愛・結婚に関するメッセージ集。人気カメラマン・野寺治孝の写真も併録した美しい本です。
時には優しく包み込んで背中を押し、時に考えさせる厳しい言葉の数々。そのフレーズ、単語の一つ一つが胸に静かに届き、心を揺さぶります。

「私は、シカゴ、ニューヨーク、北京、東京に住んだ経験があります。いろんな業種の沢山の友人ができました。そんな生活の中、国や文化が違うひとたちでも『結婚について悩んでいること』が案外同じであると気がついたのです。
そんな誰もが悩む、普遍的で、でも意外に知らないことや、知っておくといいだろうなぁと思ったことをTwitterで、たまにつぶやいていたところ、非常に多くの反応がありました。
中でも嬉しかったのが、『小さなヒントなのに、衝撃的に幸せになれた』という返事。
この本が、結婚を考えている人や、すでに結婚してる人の何かポジティブな行動の(きっかけ)になれれば、とても嬉しいです。」
(「はじめに」より抜粋)


【著者紹介】
坂之上洋子(さかのうえ・ようこ)
ブランド経営コンサルタント。シカゴ、ニューヨーク、北京と15年以上の海外生活後、東京へ。米国でデザイナーとして数々の賞を受賞。米国のコンサルティング会社の副社長を経て独立。国の戦略アドバイザー、多数の企業やNPO戦略まで多方面で活動中。2007年、「Newsweek」誌「世界が認めた日本人女性100人」の一人に選出された。最近は大学や企業での講演活動や執筆活動も行う。著書として『犬も歩けば英語にあたる』(英治出版)がある。中国系アメリカ人で応用数学者の夫と多国籍の娘との3人暮らし。
Blog http://blog.sakanoue.com/
Twitter @sakanoue

写真:野寺治孝(のでら・はるたか)
1958年千葉県浦安市生まれ。写真家。海や日常風景の周りに漂う雰囲気、空気感や自然光を生かした撮影に定評があり、多くのファンを持つ。松任谷由実のコンサート公式パンフやCDジャケット、丸の内カレンダー(三菱地所・伊東屋)の撮影も手がける。その他、雑誌、写真展、講演など多数。写真集として『TOKYO BAY』(河出書房新社)『いつか、晴れる日』(詩・石井ゆかり、ピエ・ブックス)『すべての空の下で』(PHP研究所)『旅写』(玄光社)他がある。
公式サイト http://www.nodera.jp