書籍情報
一般書

幸せを呼ぶ仏像めぐり

悟東あすか(著)/
ISBNコード 9784576110738
判型 A5判
定価 本体1300円+税
初版年月日 2011年06月21日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介

利益ゲットの手引き書、仏像参りの決定版!

悩みや願望によって、どの仏さまに何をどのように祈願したらいいのか?
高野山で厳しい修行を積んだ真言宗阿闍梨で、赤塚賞受賞の尼僧漫画家が仏さまの真実の心をコミックエッセイでわかりやすく解説。


仏像のなかでは、
いろいろな性格をもち、
ダイナミックに
動いて人々を幸せへ導く、
素敵な仏さま神さまがあなたを待っているのです。
そしてその仏さま神さまは、
ある簡単な方法であなたの元に出現され、
その思いが消えない限りいつもあなたと行動を共にし、
あなたを助けるために、父母のように寄り添い続けてくれるのです。
その簡単な方法とは、
仏さま神さまを信じて両手を合わせて心から祈る事です。


【著者紹介】
悟東あすか ゴトウアスカ
東京都三鷹市生まれ。 高野山真言宗の尼僧(阿闍梨)でありながら、漫画家でもある。主婦として子供の世話や家事をしつつ漫画を描き、手作り密檀にて修法し祈る日々を送っている。
漫画家としての経歴は、吾妻ひでお氏に師事し、さいとうちほ、竹本泉、ささやななえ、などの各氏のアシスタントを経て、1989年に集英社 「 週刊少年ジャンプ 」 第30回赤塚賞準入選。同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。毎日中学生新聞などで4コマ漫画、取材漫画、IT解説漫画等を連載。一般誌の他に 大法輪を始め仏教宗派の本山などの仏教系の雑誌にイラストや漫画を描いている。尼僧としては、 1984年高野山別格本山西禅院徒弟として得度。受明灌頂を受了。2006年高野山大学加行道場大菩提院にて加行成満。同年伝法灌頂を受了。2007年〜2009年高野山大学にて中院流の一流伝授を受了。
幸せを呼ぶ仏像めぐり 公式サイト