書籍情報
二見時代小説

男 毘沙侍 降魔剣3

牧 秀彦(著)/
ISBNコード 9784576091570
判型 文庫判
定価 本体648円+税
初版年月日 2009年10月26日

電子書籍を購入

  • 電子書店パピレス
  • kindle

内容紹介

江戸四宿(ししゅく)の板橋、品川、
  内藤新宿、千住が、悪党軍団に占拠された

訳あって江戸四宿のそれぞれに向かった「兜跋組」四天王は単身、乗っ取り事件の真只中に。はたして生き延びられるか? 男たちの闘いが始まる。


御上の裁けぬ悪党の始末を金で請け負う「兜跋組」の四天王は、訳あって単身、江戸四宿のそれぞれに向かった。折しも四宿は前後して、大塩平八郎と名乗る四人の頭目と軍団に占拠されていた。兜跋組持国天の加藤大吾、増長天の神谷宗光、多聞天の須崎重蔵、広目天の松平清之介は悪党どもといかにして闘うか?

【著者紹介】
牧 秀彦 まき・ひでひこ
1969年、東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。東芝に6年間勤務後、剣の道を突き詰める時代作家業に挑んだ。全日本剣道連盟(全剣連)居合道五段。現在六段に挑戦中。その他作品はホームページ「時代小説作家 牧秀彦 公式Webサイト」http://www.maki-hidehiko.com/ に著者自身による解説を掲載中。


毘沙侍 降魔剣 シリーズ



将軍の首
評定所留役 秘録
評定所留役 秘録 父鷹子鷹
浜町様 捕物帳
大殿と若侍
生き人形
子連れ武骨侍
神道無念流 練兵館
不殺の剣
孤高の剣聖 林崎重信
抜き打つ剣
燃え立つ剣
八丁堀 裏十手 シリーズ 
間借り隠居
お助け人情剣
剣客の情け
白頭の虎 
哀しき刺客
新たな仲間
魔剣供養
荒波越えて