書籍情報
一般書

自作のプラネタリウム

アンドリュー・デュアー(著)/大野裕明(著)/
ISBNコード 9784576071138
判型 四六判
定価 本体1200円+税
初版年月日 2007年07月17日

内容紹介

ペーパークラフトでプラネタリウムを作り、天文学者・大野氏の解説で星座を楽しむ。簡単に作れる新発明の「のぞくプラネタリウム」

【著者紹介】
大野 裕明 おおのひろあき
1948年福島市生まれ。18歳から天体写真家の藤井旭氏に師事し、天体撮影に新分野を切り開く。1991年から福島県田村市の「星の村天文台」に勤め、星空ガイドやプラネタリウム解説員を務め、台長として2005年まで14年間勤務。その間、地球環境と星空継続観測の功績により環境庁長官賞受賞(1995年)。NHK東北ふるさと賞受賞(1998年)。小惑星「Hiroakiohno」が国際的に承認されて誕生(2001年)。テレビ・ラジオに出演して天文解説を行い、NHKテレビ「趣味悠々」や「おしゃれ工房」の講師も務める。各地の天文台やプラネタリウム館で講演をするかたわら、2006年には自宅に「天文台・星の狩人」を手作りで完成。現在、福島天文同好会会長。チロの天文台、白河天体観測所メンバー

アンドリュー・デュアー
1961年カナダ、トロント生まれ。少年時代から図書館とペーパークラフトが好きで、12歳のとき科学博物館で紙ヒコーキの指導をする。トロント大学でジャーナリズム、日本研究、図書館情報学などを専攻。1988年に慶應義塾大学大学院の留学し、図書館情報学・博士課程を修了。その後、福島市の短期大学教授に就任。司書の講習、保育士のための図面工作なども講義。かたわらペーパークラフト制作に励み「ふくしま紙飛行機クラブ」を設立し、小学校や公民館でワークショップを開催。2011年5月、日本での長い研究生活にピリオドを打ち、故郷トロントで「ものづくり工房・紙」を開設、日本と世界を繋ぐネットワークづくりに励む。ペーパークラフト・ブックは日本、海外で数多く刊行。
主な著書に『よく飛ぶ紙ヒコーキ名機集』(共著、講談社)、海外では「Wings of Adventure」(Periplus Editions)、「Origami Birds Fun Pack」(Tuttle Publishing)などがある。