書籍情報
ロマンスコレクション

毒の花の香り

クレア・マトゥーロ(著)/栗原百代(訳)/
ISBNコード 9784576062112
判型 文庫判
定価 本体733円+税
初版年月日 2006年12月20日

内容紹介

殺意、狙撃、愛と憎悪、第二の殺人……毒殺事件の謎に挑む女性弁護士!
常夏のフロリダで起きた殺人。
事件に巻き込まれたヒロインの前に、もと恋人と、殺人課刑事が現われ……


リリーは才色兼備だが少々悩みも多い女性弁護士。ある日いきなり強盗に襲われたのだが、それを皮切りに、なぜか次々とトラブルに巻き込まれてしまう。
クライアントの医師がキョウチクトウの毒で殺害され、離婚係争中の元彼が家に転がり込み、男前の刑事が現われ……。そして狙撃事件? 第二の殺人!? 犯人の目的は? そしてリリー自身も容疑者のひとり?花咲き乱れる常夏のフロリダ州サラソタを舞台に繰り広げられる、ロマンス&サスペンス! 難事件に挑むヒロインの運命は? そしてもつれあう恋のゴールは?
( <ロマンティック・タイムズ> 誌・最優秀処女長篇賞受賞作!)
原題:Skinny-Dipping

【著者紹介】
クレア・マトゥーロ Claire Matturro
アラバマ州とフロリダ州に育ち、アラバマ大学法学部を卒業後、サラソタの著名な法律事務所に女性初のパートナー弁護士として迎え入れられた。約10年ほど上訴審専門の弁護士として活動したのち、作家活動を開始。デビュー作である『毒の花の香り』は、数々の新人賞に輝いた。現在ジョージア州の郊外の農場に、夫と在住。