書籍情報
ミステリ・コレクション

死の極寒戦線

トム・クランシー(著)/マーティン・グリーンバーク(著)/棚橋志行(訳)/
ISBNコード 9784576021126
判型 文庫判
定価 本体952円+税
初版年月日 2002年07月22日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • e-hon
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

内容紹介

氷原で展開される銃撃戦と謎の連続殺人!
その裏に潜む恐るべき陰謀とは?


酷寒の南極で、アップリング社はNASAと共同で火星探査車開発にあたっていた。ところが、実験試走していた探査車が突如消息不明に。すぐに同社の私設特殊部隊〈剣(ソード)〉の長、ピート・ナイメクが真相究明のため派遣される。さらに同じ頃スコットランドの原発の町で不審な連続殺人事件が起き、スイスではピカソの未発表作品をめぐって絵画贋作組織が暗躍。世界各地で起きたこれら謎の事件が絡み合う恐るべき国際陰謀の全容とは?
原題:Tom Clancys Power Plays:Cold War

【著者紹介】
トム・クランシー Tom Clancy
1947年、ボルティモア生まれ。1984年に処女作『レッド・オクトーバーを追え』で一躍ベストセラー作家となり、以来、綿密な調査に裏打ちされた詳細なデータと該博な知識を駆使して、ハイテク軍事スリラーの第一人者としの地位を不動のものにした。『いま、そこにある危機』〈上・下〉『愛国者のゲーム』〈上・下〉(ともに文春文庫)、『ライアンの代価』『デッド・オア・アライヴ』『テロリストの回廊』〈上・下〉 (ともに新潮文庫)など、著作多数。2013年10月1日永眠。享年66歳。