• トップページ
  • 70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本 改訂版
書籍情報
一般書

70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本 改訂版

永峰英太郎(著)/たけだみりこ(画)/
ISBNコード 9784576180168
判型 A5判
定価 本体1400円+税
初版年月日 2018年01月22日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

電子書籍を購入

  • 電子書店パピレス
  • kindle
  • シーモア
  • booklive
  • ebookjapan

内容紹介

親の介護と死亡がいっぺんにやってきた!
父:認知症→要介護認定→施設選び→成人後見人
母:末期がん→入院→死亡→葬式→遺産相続

認知症になった親、病気になった親の
銀行口座からお金を引き出す方法
わかりますか?
親の老後と安心して向き合うために、
今のうちから準備しておこう


知らないと損をする
万一のことが起こる前に
やっておくこと&知っておきたい制度・手続き
チェックシートで一目瞭然
最新情報を追加してバージョンアップ


【本書の内容】
第1章 親が少し弱ってきたら
第2章 親が重い病気になったら
第3章 親が死亡したら
第4章 親が認知症になったと感じたら
第5章 親が元気なうちから暦年贈与を行う



【著者紹介】
永峰英太郎 ながみね・えいたろう
1969年東京都生まれ。明治大学政治経済学部卒。業界紙・夕刊紙記者、出版社を経て、フリー。ビジネスマンやスポーツマンなどの人物ルポを得意とする。著書に『日本の職人技』『「農業」という生き方』 (アスキー新書)、『親の財産を100%引き継ぐ一番いい方法』(ビジネス社)、『マンガ! 認知症の親をもつ子どもが いろいろなギモンを専門家に聞きました』(宝島社)など。