書籍情報
二見レインボー文庫

恐怖の百物語 第2弾

関西テレビ放送(編)/
ISBNコード 9784576170992
判型 文庫判
定価 本体640円+税
初版年月日 2017年07月03日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

電子書籍を購入

  • kindle

内容紹介

血みどろの腕、這い回る赤ん坊、「殺したろか」と囁く女。
本当にあった24の心霊体験実話


「グシャ!グシャ!」と音を立ててフロントガラスにぶつかってきたものは…「深夜のドライブをはばむ恐怖のトンネル」。
蛇のようにズズズと這い回る裸の赤ん坊…「決まって夜十時にやってくる訪問者」。
胸の上に正座で坐る長い髪の女…「殺したろか」。
壁のなかから伸びた手にがっしりとつかまれ・・・「青白い手が誘う恐怖の看護師寮」。
怪現象続出で話題を呼んだ伝説の霊体験番組から、24の実話を厳選収録。

第一章 生と死を分ける病院の夜
第二章 近代的なビルに巣くう怨霊
第三章 楽しいはずの山や海が……
第四章 古い家には何かが潜んでいる
第五章 哀しくも恐ろしい霊体験

【編著者紹介】
関西テレビ放送
よけいな演出や、おざなりな分析や解説をいっさい排除して、霊体験者の実話を淡々と聞くだけの番組を……という思いから、『恐怖の百物語』は企画された。1991年4月からスタートし、スペシャル番組も放映された。放送開始直後から、企画意図に反してスタジオ内で霊的なハプニングが続出し、雑誌などに取り上げられて話題を呼んだ。本書は、その中から24本をピックアップして活字化したものである。